風水で考える理想の土地選びとは?

風水で考える理想の土地の条件とは?

風水で考える理想の土地の条件とは?

幸せな家庭を連想させる家

 

 

新居を新たに購入する場合、土地選びからはじまる場合はどうでしょうか?

 

理想の土地は何で決まる?

 

新築を建てる際、家のデザインや趣味が楽しめる庭の配置、間取りなどに気を奪われがちですが、もっとも大切なことは土地選びです。

 

地形が良い

 

家が建つ空間において最も理想は平面です。そこが斜面であったり、海抜が低かったり、地盤がゆるかったりすると、災害にも合い易く、子孫繁栄と未来永劫を願うという意味で適した場所とは言えません。

 

災害が少ない

 

地形と関係した考えになりますが、理想の住まいとは災害と無縁の安泰をもたらす空間です。地震が起きると地盤が崩れやすい土地、津波などの震災に遭いやすい土地、雨風といった日常の災害に強い土地。などあらゆることを想定した土地選びが鍵となります。

 

日当たりが良い

 

風水において、日当たりを考えることは、陽のエネルギーを得るために欠かすことのできない重要な理念です。日当たりが悪い家には湿気がたまりやすく、陰気になりがちになります。負の連鎖がそこに暮らす人の暮らしに悪影響を与える可能性が高くなる=できれば避けたい土地になります。

 

植物がよく育つ

 

植物とは、美しい花々だけに限らず、雑草であってもかまいません。植物がよく育つということは、そこにエネルギーが満ちているということになり、その上に家が建つと、そこに暮らす人にも活力と鋭気が宿る可能性が高くなります。

 

土地の過去を知る

 

土地購入を考える上で事前に知っておくべきこととして、その土地の履歴を知っておくということが大切なポイントとなります。過去にトラブルがあった、または耐えなかった、土地というのは、何かいわくが残っている可能性があります。誤った考えでよく勘違いされがちですが、そこがもともと墓地だったからどうか、というような思想は必ずしも不幸が起きるということではありません。不幸が続く土地にはいわくがある可能性を秘めているので、事前に考慮が必要になるということです。

関連ページ

生気(せいき)は活力の源
生気はやる気を与えてくれる方位
延年(えんねん)が良縁をもたらす
延年(えんねん)はどんな吉方位?
禍害を知る
禍害とはどんな方位なのか?
六殺を知る
五行の六殺(ろくさつ)とは
最大吉方位の生気とは
生気とはどんな方位なのか?
天医に吉あり
天医で家内安全を考える
伏位ってどんな方位?
吉報方位の小吉方位、伏位について