吉方位とは?方角によって異なる古の考え方について

吉方を学ぶ

吉方を学ぶ記事一覧

生気(せいき)は活力の源

生気(せいき)を向いてやる気が出てきた女性 生気とは、活力=すなわち、私たちに物事への"意欲""やる気"を与えてくれる吉方位。人との交流を快く歓迎する心、社会活動に貢献しようという意欲、その結果に伴う達成感や充実感を与えてくれる方角です。社交性が養われることで必然的に良縁にも恵まれるようになることから、未婚の方には結婚へとつながる新たな出会い...

≫続きを読む

延年(えんねん)が良縁をもたらす

良縁を願う人々の姿 延年(えんねん)とは、中吉方位。その家に暮らす者に良縁をもたらす方角です。ここで言う良縁とは、すべての出会いを指します。学校での出会い、仕事場での出会い、ご近所づきあいだけではありません。交際する異性との出会いや、将来の伴侶となる異性まで、人生であなたが関わるすべての縁が、この延年(えんねん)の方位...

≫続きを読む

禍害を知る

健康状態が優れない主婦の女性 仕事で疲れて家でゆっくり休みたいのに、なんだか疲れが取れない。気が休まらない。家にいるだけなのに、なぜかストレスが溜まって、病気がち。これは、風水の観点から考えると、一つの原因として自宅の気の流れが悪くなり、健康運が下がってしまっている可能性があります。家という空間は人生において、もっともリラックス...

≫続きを読む

風水で考える理想の土地の条件とは?

幸せな家庭を連想させる家 新居を新たに購入する場合、土地選びからはじまる場合はどうでしょうか?理想の土地は何で決まる?新築を建てる際、家のデザインや趣味が楽しめる庭の配置、間取りなどに気を奪われがちですが、もっとも大切なことは土地選びです。地形が良い家が建つ空間において最も理想は平面です。そこが斜面であったり、海抜が低かった...

≫続きを読む

六殺を知る

元気なく暗く沈んだ女性 六殺とは六殺(ろくさつ)とは陰陽五行説の示す方位のひとつで負の陰気が停滞する方角。中凶。仕事運は停滞、もしくは下がり気味になり、集中力がなくなりミスやトラブルを発生させる→出世が遅れるなど、負の連鎖に。夫婦関係にも歪みが生じ些細なことで揉め事に。不信感やイライラした感情から情緒不安定になってしまった...

≫続きを読む

最大吉方位の生気とは

子供が窓から差し込む日差しを浴びる風景 よく生気を失った、生気がない、といった表現をしますが、風水の方位学で言うところの生気とは、最大吉方位と言い、その方角には良いことがたくさんある方角であることを示す言葉として用いられます。わかりやすく言うならば、反映を意味する旺気(おうき)やおみくじの大吉などのようなニュアンス。すなわち、風水の方位で...

≫続きを読む

天医に吉あり

天位の方角でヨガをする女性 天医とは、漢字のとおり、天が健康をもたらす方位です。古の中国の風水師は病に伏した病人をこの方角で治療していたと言われ、人々の健康と紐づいて考えられてきた方角です。現代においても、悩み事の解消、ストレス解消、対人関係の修復にはこの方位の空間が相応しく、心を穏やかな思考へ導いてくれる方角でもあります。天...

≫続きを読む

伏位ってどんな方位?

四葉のクローバーと小さなお家 吉報方位を知り居住空間の最適な活用法を学びましょう。伏位は小吉方位伏位(ふくい)は小吉方位。強い気が流れる方位ではありませんが、わずかながらプラスの利点、幸せを見出せる方位です。・大切なものを見失いそうなとき・冷静な判断ができないとき・気が立っているとき自分自身を見つめなおし原点回帰を考えたいとき、...

≫続きを読む