どんな寝室が運気をあげる!?色の使い方や配置など。

運気が良くなる寝室の物品の色の使い方、配置とは?

ベッドリネンのカラーにこだわって運気上昇!?

観葉植物のある寝室とベッドの風景

 

風水の考え方において、私たち人間は眠っている合間にこそ、運気を高め、明日への鋭気を高めるとされています。つまり、部屋の間取り、方位、ベッドやシーツなどの寝具に至るまで、眠りにつく際の周囲の状況すべてが運気上昇の鍵を握っています。

 

寝室の物品の色のポイント

 

睡眠中に良い運気を取り込むためには、どのような布団カバー、枕カバーが理想的なのでしょう?

 

素材は、肌に優しい自然派素材であることが大切です。理想は水を吸収しやすいコットン(綿)。もしもどうしても今使っているものが麻・絹・レーヨン・カシミヤ・モヘアなどである場合は他のもので補えば問題はありません。ナイロン・ポリエステル・アクリル・ポリ塩化ビニル・ポリウレタンなどの合成繊維は、もちろんダメな寝具というわけではありませんが、風水における開運効果で考えると、あまり好ましくはありません。

 

カバーの色彩については、方位ごとに相性の良いラッキーカラーを充てると理想的!

 

寝室が家の中心から図って「どの方位にあるか?」をしっかり考察もしてみましょう。

 

寝室が北である場合

 

「水」の気が強い方角である北に寝室がある場合は=冷えやすくなります。相性が良いのは、暖かみを感じられるような暖色の色合いが理想的です。男性であればベージュ。女性であれば、落ち着いたパステル調のピンクなども良いでしょう。

 

寝室が北東である場合

 

北東は高い山。「土」の気が強い方角。白を基調とした寝室が理想的です。セカンドカラーとして赤を取り入れるとさらに運気は上がるでしょう。風水の考えにおいて"火は灰になって土に尽くす"という教えがあります。火を連想させる赤を取り入れることで土の気運がさらによくなります。

 

寝室が東である場合

 

東は若い木の気を持つ方角です。同様に自然の木々を彷彿させる茶系色や、緑、黄緑などと相性が良いです。

 

寝室が南東である場合

 

南東は木々の成長や進化を象徴する方角。「風」を呼び込む方角でもあります。織物や編み物の素材のものは緑やオレンジ系のカラーが理想的です。カーテンは、綿素材がおすすめ!レースのカーテンなどで風の流れを作ることがポイントです。

 

寝室が南である場合

 

南は風水の考えで「火」の気を持つ方角と考えられています。火は=赤。淡い赤、情熱的な濃い赤、いずれでもかまいません。ただし、寝具に関しては、あまり発色の濃い赤だと興奮してしまったり落ち着かず眠りを妨げてしまう可能性もあります。ベージュ系の落ち着いた色を合わせて調和を図るなどの工夫が必要です。
観葉植物などで調和を図るのもおすすめです。

 

寝室が南西である場合

 

南西は「土」の気を持つ方位です。黄色やベージュなど、土を連想させる色と相性が抜群です。この方位の気の流れが改善されることで土が肥えて豊かになるのと同じように、家庭内も円満になっていきます。できればベッドなど高い位置で眠るよりも低層で布団がおすすめですが、やむを得ない場合はできるだけベッドの高さを低く設定して眠ると良いでしょう。

 

寝室が西である場合

 

西の方角は金の気を持つ方角。つまりお財布事情はこの西の方位の充実を図ることで向上します。お金を連想させる色は、黄色や白、金、銀なども相性は良いです。

 

【寝室に配置する物品の色合い・相性】

関連ページ

寝るときに寝室の明かりを全て消して眠ると運気が下がる?
寝室の明かりは完全にすべて消さないほうがいい?
自宅に絵画を飾って運気を上げる方法
自宅で絵画を飾る際のポイントについて
断捨離したほうが良い物品ってどんなもの?
"断捨離"=古いものを断ち切る考え方について考えてみましょう。
要注意!置いてはいけない寝室のインテリアと配置
やってはいけない家具(雑貨)の配置とは?
角四角の家具よりも角丸の家具を
やってはいけない家具の配置や形状のこと〔其の一〕
部屋サイズに合わせた寸法の家具を
家具を選ぶ際、適正なサイズは?
寝室のベッドの配置は運気を変える!?
寝室のベッドや枕の配置のこと