陰気になりやすい寝室の特徴とは?

陰気になりやすい寝室の特徴とは?

陰気になりやすい寝室の特徴とは?

寝室の風景

 

 

どんな寝室に陰気が漂いやすいのかマイナスポイントを考察してみましょう。

 

掃除をしていない寝室

 

寝室はこまめに掃除することが大切。ほこりが舞うような空間であったり、ジメジメと湿っていたり、ゴミなどで空気がよどんでいると雑菌なども繁殖しやすく、陰気漂う寝室になってしまいます。時には喚気をして外気を取り込んだり、湿気の多い寝室は除湿を行うなど、掃除だけでなく空気調整にも気を配りましょう。

 

日中でもカーテンを締め切っている寝室

 

夜はカーテンは閉めるものですが、日中は明けて日差しを取り入れることが大切。また、できれば朝にカーテンを全開に明けて窓も一度開けると良い気が寝室に流れます。カーテンを開けて外出することで何か弊害が生じてしまうお宅の場合には、居住者の方が在宅している間の時間だけでもかまいません。1日中締め切るのではなく、日中はできる限りカーテンは開けて暮らすように心がけることで陽の気がお部屋を流れるようになります。

 

寝室のカーテンは二重が良い

 

風水の考えでは、寝室のカーテンは二重が良いとされています。理由は、夜の間に流れる良い気が1枚のカーテンでは外に流れ出てしまうから。三重にも四重にもすれば良いかというとそういったことはありません。レースとカーテンの2重構造で陽の気が流れて出てしまうことを防ぎましょう。

 

就寝時、部屋の灯りはできるだけ灯す、足元に小さな照明を置くなど影響の少ないところで妥協点を見出しましょう。寝室はできれば就寝時、電気の灯りが若干でもあったほうが良い気が流れると考えられています。真っ暗でないと眠れないといった場合には、足元に小さな照明を置くなど工夫が必要です。

 

【陰気を避ける寝室の大切なこと】

関連ページ

寝室の気の流れを良くする方法
寝室の気の流れを良くする方法について
寝室で使用するアロマ(北・北東の寝室編)
北・北東の方角の寝室におすすめのアロマ
睡眠不足解消!?西側の寝室で使いたいアロマの種類
西の寝室でのアロマ芳香厳選3種
睡眠改善!寝室での芳香におすすめのアロマ厳選3種!
寝室でのアロマ芳香厳選3種について
幸せな気持ちで眠れる?西側の寝室で使いたいアロマの種類
北西・西の方角の寝室におすすめのアロマ
ベッドを○○にするだけで運気は変わる?
気の流れをよくするベッドのこだわりポイントとは?