開運特集!陰陽五行で占う2017。財運、良縁、健康…

2017を陰陽五行で占う

今年の九星気学"一白水星"について

祈りを捧げる陰陽道の女性

 

 

2017年の干支は「丁酉(ひのととり、ていゆう)」。

 

干支の表の順番で言うところの34番目にあたり、陰陽五行の世界では、十干の丁は陰の火、十二支の酉は陰の金で、火剋金(かこくきん)と表現される年です。また陰陽道などでも知られる九星気学については今年は"一白水星(いっぱくすいせい)"にあたります。

 

この年の生まれの人は、今年2017は、穏やかで平凡な年になる方が多いようです。昨年まで上昇気流だった運気がやや停滞し、余韻で平凡な幸せが続く年になると言えるでしょう。

 

幸せが続くことで心も穏やかに保たれるので精神的にゆとりが生まれます。対人関係や職場でのトラブルなど災いに巻き込まれることがあっても平常心で穏やかな気持ちを忘れず、冷静に向かい合うことで対処する免疫が生まれ、より人として高みへ昇ることができるようになります。そのための努力も必要です。この社会で巧みに生き抜いていくための知恵や知識も身につけることを忘れずに。2017年の過ごし方次第で、さらに来年以降、運気を上昇させられるかが決まってきます。長い人生において運気は山あり谷あり、波打っていますが、上昇気流を味わえる時期はそう長くありません。この景気を逃すことなく、精進できるようじっくりと計画を立てて、地道に努力をする事が大切です。

 

財運は良くも悪くもありません。

 

お財布事情が大きく変わるような変革の年にありませんが、未来のための充電の年と考えて下さい。今目先、何も変わらないからといって、努力を怠ることで、数年後にくるビックウェーブを逃すことになるかもしれません。今目先に不利益と感じることでもやがて跳ね返る可能性のあることなら率先して努めてください。

 

良縁についても非常に好気な年になるでしょう。

 

育んできた縁が成就したり、健気な恋が実を結ぶこともあるでしょう。そのためにいつも自然体を心がけることが大事です。変に作った自分で接するのではなく、自分らしさを出したうえで、もしも自分らしさのせいで相手を不快な気持ちにさせてしまうのであれば、節度をもって接するおもいやりの心を育んでください。

 

もしも理想の1年には程遠い、感情の起伏が激しい、辛いと感じたときには、アロマの芳香で乱れた感情の修復を行ってみて下さい。

 

男性はラベンダーやジャスミン。
女性はローズの香りがおすすめです。

 

居住空間を目で保養する場合には、今年のラッキーカラーである金、銀、青を取り入れた小物などで、安らぎを演出しましょう。

 

【陰陽道"一白水星(いっぱくすいせい)"を占う】

関連ページ

金運をあげるアロマ学
金運があがるアロマの種類について
春にぴったり!運気をあげたい人におすすめのアロマは?
運気をあげる春のおすすめアロマセラピーについて
アロマで健康と幸せを手に入れる生活
アロマの分類、それぞれが持つ自然治癒力について検証!
部屋に風水学を取り入れて金運を上げる方法
自宅の金運を上げる方法
仕事部屋の気の流れを変えて出世運を高める
仕事の効率・能率をあげるためにアロマを使う
アロマは空気が循環する開始地点で炊くと効果増大!?
自宅でアロマ芳香を行う際はどんな場所で炊くと効果が良いか、気の流れのよい居住空間とは?
お風呂場の過ごし方
お風呂はどんな模様配置で、どんなことに注意し日々のバスタイムを楽しむべきか
部屋の入り口から対角線の隅に集まる"気"を考える
"気"は部屋の入り口から対角線上にある部屋の隅へ流れ集まる?
アロマと空間演出の融合!「開運空間演出」とは?
視覚と嗅覚を支配される最先端の演出とは?
効果的なアロマ芳香の仕方
効果的なアロマ芳香の仕方について考察
アロマが運気上昇を呼び込む理由は?
アロマセラピーで運気が上がるのはどうして?
恋愛運をあげるための暮らしとアロマ学
恋愛運を暮らしの中で高める方法
出会い、恋愛、結婚運をあげる〔良縁を導く開運アロマ〕
アロマや風水学、方位学で良縁を導くための雑学を考察
アロマと健康の繋がり〔健康運をあげるアロマ学〕
健康体質とアロマの関連性について
アロマを日常的に使用することでうつ病を予防!
アロマセラピーが心身に与える良い効果
アロマで邪気払い・浄化
アロマが持つ浄化効果まとめ
自宅がパワースポットにできるとしたら何をすればいい?
自宅がパワースポットにできるとしたら何をすればいい?
お風呂場のカビの繁殖を防ぐアロマスプレー活用法
お風呂場のカビの繁殖を防ぐアロマスプレー活用法
アロマの力で疲れを癒し明日の活力を得ること
素晴らしい明日のためにアロマを使用すること
梅雨の時期のジメジメ湿気をアロマで対策!
アロマでお部屋の湿気対策
アロマを使って理想の応接間を演出!
応接間のあるべき姿とは?